小説版

iPad的に書記。ルールのおさらい。

槍が「ヤリッ」。

「る」回し…。

次プレイヤーにしか使えない戦術。…麻雀の「チーみたい」だな。

桃園喪々さんは眠たくなるのじゃない?幼女だし。

席を外す。外で何をやっているのか?

最初の1回の時に何をしたのか?

雌犬。。。

席につかない。何をして?

私は、虎居さんのように「こうあるべき」みたいなのを他人に期待するの嫌いです。

黒神舵樹…。

彼の目論見?

真黒さん、不知火袴理事長が一緒にいるということは…何か、フラスコ計画的なモノが、それを越える何かが画策されているのでは?と思いました。また、舵樹さんの言う「彼の目論見」の『彼』とは、鶴喰梟博士のことで、実は生きているのじゃないか?と妄想しました。異常性を研究する病院の院長っぽい感じでしたし、「死んだことに」して、何かを続けられていた…とか?
ジャンプ2012年35号7